電子ピアノの査定方法

「電子ピアノの査定」と言っても、査定方法にもいくつか種類があります。ここでは、査定方法とそれぞれのメリット・デメリットなどについてご紹介します。

査定方法について

電子ピアノの査定方法には、大きく分けて以下の4種類があります。

  • 電話査定
  • メール査定
  • チャット査定
  • 出張査定

それぞれ、特徴とメリット・デメリットがありますので、査定依頼前にチェックしてみて下さい。

電話査定

電話で型番や製造年などを伝えて、査定してもらう方法です。
事前にウェブフォームで詳細な査定依頼内容を伝えた後で、業者から電話で買取額の連絡をもらう事もあります。

電話査定のメリット

メリットとしては、その場ですぐに買取額を聞くことができる事です。また価格交渉も電話の方がしやすい場合が多いようです。
「すぐに査定額を知りたい」という方には、お勧めの方法です。

電話査定のデメリット

デメリットとしては、電話口で交渉されて断り切れずに売却を決めてしまう場合があるという事です。
「電話だと断りにくいかも…」という心配がある方は、電話以外の方法がお勧めです。

電話査定OKの買取業者Best3

メール査定

メール査定は、ウェブフォームで詳細な査定依頼内容を伝えた後で、業者からメールで買取額の連絡をもらう査定方法です。

メール査定のメリット

メリットとしては、メールで査定結果を受け取ることができるのでじっくりと検討する事ができる点です。
「電話だと断りにくいかも…」という心配がある方はメール査定がお勧めです。

メール査定のデメリット

デメリットとしては、返信が来るまでに時間が掛かる場合がある事です。
すぐに買取額を知りたい方は電話査定のほうが良いかも知れません。

メール査定OKの買取業者Best3

チャット査定

チャット査定は、チャットウインドウに査定依頼内容を入力して買取額を聞ける、便利で手軽な方法です。

チャット査定のメリット

メリットとしては、その場ですぐに買取額を聞くことができる事です。また価格交渉もチャットが一番しやすいようです。
早く査定額が知りたいけど、「電話だと断りにくいかも…」という心配がある方はチャット査定がお勧めです。

チャットのデメリット

デメリットとしては、チャット査定を受け付けている買取業者がそれほど多くないという事です。

チャット査定OKの買取業者Best3

出張査定

出張査定は、実際に設置場所に来てもらって買取業者に査定をしてもらう方法です。

出張査定のメリット

メリットとしては、実物を見てもらって査定額を聞けるので買取額に間違いないという事です。また、業者によってはそのまま売却する事もできます。
買取額をあまり気にせず、とにかく早く手放したいという方には一番簡単な方法です。

出張査定のデメリット

デメリットとしては、提示額が思ったよりも低い場合でも断りにくいという事です。業者に押し切られて、納得いかないまま売却してしまう…という可能性があり得ます。

出張査定OKの買取業者Best3

高く売るなら一括査定がおすすめ!

電子ピアノを簡単に、高く売るなら一括査定のご利用がおすすめです。一度の査定依頼で複数の業者からの査定を受ける事ができる簡単で便利な電子ピアノ売却方法です。

トレイドは、関西エリアでの買取に強い業者をネットワークしているので、大阪で電子ピアノを高く売りたい方には一押しのサービスですよ♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です