電子ピアノはどこで売るのがベスト?

電子ピアノを売る、とひとくちに言っても、その売り方にはいくつかの選択肢があります。電子ピアノ買取業者に買取りしてもらう方法、ヤフオクやメルカリで自分で売る方法、不用品買取業者に買取りしてもらう方法、近所のリサイクルショップに持ち込む方法などがその例となります。

あまり知られていない事実だと思いますが、実はお持ちの電子ピアノによって電子ピアノを高く売る方法は異なります。

ここでは、お持ちの電子ピアノを一番高く売るための具体的な方法のご説明と共に、それぞれの売り方についての詳しい手順や、それぞれの売り方のメリット・デメリットなどを詳しくご紹介したいと思います。

最初にどうやって電子ピアノの売却方法を選択すれば良いかをご説明します。まずは、お手持ちの電子ピアノの製造年を確認してみて下さい。通常、電子ピアノ買取業者は製造から10年未満の電子ピアノを買取対象としています。そのため、製造から10年未満かどうかで適切な売却方法が変わってきます。

電子ピアノの製造年の確認方法は【電子ピアノの機種名と製造年の確認方法】をご参照ください。

製造から10年未満の電子ピアノを高く売る方法

製造から10年未満の電子ピアノを売るなら【電子ピアノ買取業者に買取依頼する】もしくは【メルカリやヤフーなどで個人売買する】のがオススメです。

電子ピアノ買取業者に買取依頼する事の最大のメリットは、なんといっても手間なしで電子ピアノを現金化できるという事に尽きると思います。特に、ヤマハ クラビノーバ(型番CLPのシリーズ)やカワイ CAシリーズ、ローランド HPシリーズなどは重量があるため業者に頼んで運搬してもらわないと部屋から運び出すのはかなり大変でしょう。

一方で、製造から10年未満の電子ピアノで、重量が40kg未満の機種だと電子ピアノ買取業者に頼まなくても運搬可能ですので、メルカリやヤフオクといったネットを通じた個人売買で売却するのも良いでしょう。ただし、個人売買の場合は電子ピアノを梱包して宅配便で送る必要があります。

実は、宅配業者の多くは電子ピアノを「荷物」として引き受ける事はしておらず、「引っ越し荷物扱い」または「楽器扱い」で数万円の運搬費用を請求される場合があります。「荷物」として引き取ってくれる業者もありますが、梱包はかなり大変で、且つ免責扱い(万が一破損した場合には責任を取ってくれない)での発送となります。従って、個人売買の場合には自分で届けるか購入者に引き取りに来てもらうかのいずれかの方法での売却でなければ難しいと思います。

個人売買における直接取引の場合、電子ピアノ輸送時に購入者がピアノをどこかにぶつけたりして破損や不具合が発生するリスクもあるので、ピアノを引き渡す時点での双方による動作確認なども必要になるかと思います。素性の分からない他人を自宅に招き入れて動作確認をするというのはそれなりにリスクを伴う事ではありますので、女性の一人暮らしなどの方は機種を問わず、電子ピアノ買取業者に依頼する事をオススメします。

まとめ

  • 製造から10年未満で、機種重量が45kgを超えている機種:電子ピアノ買取業者に売るのがオススメ
  • 製造から10年未満で、機種重量が40kg未満の機種:電子ピアノ買取業者またはメルカリなどの個人売買がオススメ

製造から10年以上経過した電子ピアノを高く売る方法

製造から10年以上経過した電子ピアノを売るなら【メルカリやヤフーなどで個人売買する】、製造から20年以上経過した電子ピアノを売るなら【不用品回収業者】に回収してもらうのがオススメです。

冒頭でも書きましたが、電子ピアノ買取業者は主に製造から10年未満の電子ピアノを買取対象としています。中には製造から10年以上経過した電子ピアノの買取を行っている電子ピアノ買取業者もいますが、たいていの場合は無償引取(0円査定)となる事が多いです。(例外的にヤマハ CLPシリーズやローランド PXシリーズ、カワイCAシリーズ、ハイブリッドピアノなど例外的に査定対象になる機種もあります。)

製造から10年以上経過していて、電子ピアノ買取業者では値段が付かない電子ピアノでも、【メルカリやヤフーなどでの個人売買】であれば売れる場合もあります。そのため、製造から10年以上経過した電子ピアノを売却する場合にオススメの方法は、【メルカリやヤフーなどでの個人売買】となります。

ただし、個人売買の場合は電子ピアノを梱包して宅配便で送る必要があります。実は、宅配業者の多くは電子ピアノを「荷物」として引き受ける事はしておらず、「引っ越し荷物扱い」または「楽器扱い」で数万円の運搬費用を請求される場合があります。

「荷物」として引き取ってくれる業者もありますが、梱包はかなり大変で、且つ免責扱い(万が一破損した場合には責任を取ってくれない)での発送となります。従って、個人売買の場合には自分で届けるか購入者に引き取りに来てもらうかのいずれかの方法での売却でなければ難しいと思います。

個人売買における直接取引の場合、電子ピアノ輸送時に購入者がピアノをどこかにぶつけたりして破損や不具合が発生するリスクもあるので、ピアノを引き渡す時点での双方による動作確認なども必要になるかと思います。素性の分からない他人を自宅に招き入れて動作確認をするというのはそれなりにリスクを伴う事ではありますので、女性の一人暮らしなどの方は製造年・機種を問わず、電子ピアノ買取業者または不用品回収業者に依頼する事をオススメします。

まとめ

  • 製造から10年以上で、自家用車で運搬可能な軽量機種:メルカリやヤフーなどの個人売買がオススメ
  • 製造から10年以上で、自家用車で運搬できない重量機種:電子ピアノ買取業者に売るのがオススメ
  • 製造から20年以上経過している機種:リサイクルショップや不用品回収業者に回収してもらう

電子ピアノ売却方法のそれぞれのメリットとデメリット

電子ピアノ買取業者に売る事のメリット

  • 電子ピアノの運搬などは完全に業者にお任せで、一切の手間なく電子ピアノを現金化する事ができる
  • 引っ越しが決まっているなど、電子ピアノ売却までに期日がある場合は、急いで買取をしてもらいたい場合などに融通が利く

電子ピアノ買取業者に売る事のデメリット

  • 業者によって査定額にバラつきがあり、業者選びを間違えると大切な電子ピアノをかなり安くで手放す事になってしまう

ヤフオクやメルカリで売る事のメリット

  • ある程度自分で販売価格を設定できるので、高く売る事ができる

ヤフオクやメルカリで売る事のデメリット

  • 商品掲載や商品梱包、商品発送、商品引き渡しなど手間がかかる
  • 売却後のクレームなどが生じるリスクがある

リサイクルショップや不用品買取業者に売る事のメリット

  • 多少古い電子ピアノでも引き取ってもらえる
  • 引っ越しが決まっているなど、電子ピアノ売却までに期日がある場合は、急いで買取をしてもらいたい場合などに融通が利く

リサイクルショップや不用品買取業者に売る事のデメリット

  • かなり安いか、最悪有料で引き取ってもらう事になる

高く売るなら一括査定がおすすめ!

電子ピアノを簡単に、高く売るなら一括査定のご利用がおすすめです。一度の査定依頼で複数の業者からの査定を受ける事ができる簡単で便利な電子ピアノ売却方法です。

トレイドは、関西エリアでの買取に強い業者をネットワークしているので、大阪で電子ピアノを高く売りたい方には一押しのサービスですよ♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です