電子ピアノの付属品にはどんな種類がある?

このページで分かる事

このページでは、以下のような情報をご提供しています。

  • 付属品の有無が買取査定額に及ぼす影響について
  • 電子ピアノの付属品の種類について
  • 別売りの付属品の種類について

付属品の有無が買取査定額に及ぼす影響について

電子ピアノを新品で購入された方ならご存知かとは思いますが、購入時には電子ピアノ本体に加えて様々な種類の付属品が付いています。

電子ピアノの売却において、付属品の有無で買取額は変動します。これは間違いない事実です。

しかし、すべての付属品が買取額に影響があるという訳でもありません。そこで、このページでは付属品の種類と、どの付属品が査定額に影響があるのかという点について詳しくご紹介します。

高く売るために、ここに気を付けたい!

付属品の有無によって、買取額が変動する事があります。付属品は状態なども含め正しい内容を査定依頼時に伝えて、最も条件の良い価格での売却を目指しましょう!

電子ピアノの付属品の種類について

電子ピアノの付属品にはどのようなものがあるのかについて、詳しくご説明します。

1:電源ケーブルとアダプター

買取査定への影響度:★★★★★
ないと売却できない可能性が高い必須の付属品

電源ケーブルとアダプターは、電子ピアノ売却時に絶対に必要な付属品です。

機種によって、電源ケーブルだけの場合と、電源ケーブル+アダプターのセットの場合があります。

いずれの場合でも、電源ケーブルがないと買取業者は電源が入るかどうか/動作に不具合がないかどうかというような重要な点を確認できないため、売却は非常に難しくなります。業者によっては査定対象外としている事もあります。

また、電源ケーブルをペットがかじってしまったりして電源が入らないような場合も、同様に動作確認が行えないという点で買取対象外になったり、有償での引き取り対象になってしまう事があります。

比較的新しい機種で、万が一電源ケーブルが見当たらない/ケーブルに不具合がある、というような場合にはメルカリなどで電源ケーブルを取り寄せてから査定依頼を行っても良いかも知れません。

2:椅子

買取査定への影響度:★★★
有無や種類によって買取額がほぼ確実に変動する

電子ピアノの椅子は査定額に影響がありますので、査定依頼時に必ず入力するようにしましょう。椅子の種類には、おもに以下の3種類があります。

高低自在椅子

椅子の横にハンドルが付いていて、自由に座面の高さを調節できるタイプの椅子です。

ヤマハ CLPシリーズ、ヤマハ YDPシリーズ(YDP-162以降)、カワイCAシリーズ、CNシリーズ、ローランドHPシリーズ、カシオGPシリーズ、APシリーズ(機種による)など、中堅クラス以上の機種で比較的最近発売された機種では、たいてい高低自在椅子が付属しています。

高さ固定椅子

高さが固定されていて、調節ができないタイプの椅子です。

ヤマハ YDPシリーズ(YDP-161以前)、カシオPXシリーズなど、入門機種には高さ固定の椅子が付属していることが多いです。

簡易椅子

別売りの簡易タイプの椅子です。

ヤマハ Pシリーズ、コルグLPシリーズなど、椅子が付属していない機種の場合、購入時に別売りの簡易タイプの椅子を購入している場合があります。

本体と別売りの椅子をセットで販売している販売店(島村楽器など)もありますので別売りかどうか分からない場合があると思いますが、買取業者はそのような情報については把握している場合が多いので特に気にする必要はありません。

3:ヘッドフォン

買取査定への影響度:★★
買取額への影響はほとんどないが、業者によっては多少変動する可能性がある

付属品のヘッドフォンは、動作に不具合がなければ査定額に多少上乗せになる場合がありますが、あまり査定額には影響がない場合が多いようです。

とは言え、ヘッドフォンの動作に不具合がないような場合には付けておくと多少査定額をUPしてくれる業者があるかも知れません。

4:取扱説明書

買取査定への影響度:★★
買取額への影響はほとんどないが、業者によっては多少変動する可能性がある

取扱説明書は、査定額にはあまり影響がない場合が多いようです。

とは言え、ないよりはある方が良いのは間違いないので、もし手元にあるなら付けておくと良いかと思います。

5:楽譜集

買取査定への影響度:★★
買取額への影響はほとんどないが、業者によっては多少変動する可能性がないとは言い切れない

楽譜集は、査定額には影響がない場合が多いようです。

とは言え、ないよりはある方が良いのは間違いないので、もし手元にあるなら付けておくと良いかと思います。

6:本体と別になっているペダル(一部機種)

買取査定への影響度:★★
ペダルの有無および種類によって買取額がほぼ確実に変動する

ヤマハPシリーズや、コルグLP/SPシリーズなど、本体と一体になっていないペダルが付属している機種があります。

また、ペダル別売りの機種もありますが、これらの機種の場合はペダルを付属品として付けておくことによって査定額が変動します。

ペダルには1本タイプと3本タイプがあるので、その情報も査定依頼時には伝えるようにすることをお勧めします。

まとめ

付属品は、査定額に影響するものとしないものとがあります。とは言え、できるだけ一式揃っている方が良いのは間違いないので、売却時に一式まとめて引き渡すのがベストです。

高く売るなら一括査定がおすすめ!

電子ピアノを簡単に、高く売るなら一括査定のご利用がおすすめです。一度の査定依頼で複数の業者からの査定を受ける事ができる簡単で便利な電子ピアノ売却方法です。

トレイドは、関西エリアでの買取に強い業者をネットワークしているので、大阪で電子ピアノを高く売りたい方には一押しのサービスですよ♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です